生きる意味って何?人生の目的を見つけるためのコツとは

メンタル・心理

 

こんにちは。最近職場に黙って毛先を
ピカピカのピンクに染めたさわちゃんです。
社会に対して密かな反抗心を燃やしています。(チキン)

 

突然ですがお聞きします。

あなたは何のために生きていますか?

生きる目的を答えることはできますか?

 

抽象的で、とても難しい質問ですよね。

わたしが作業療法士として患者様の生活をサポートするとき
その方の価値や信念を紐解いていくことが必要になります。

しかし、どの患者様も
「そんなことまで考えて生きてないよ」「よく分からないよ」
と思考することを放棄する方が多くいらっしゃいます。

もちろん、それをいっしょに見つけ出していくのも
わたしの仕事なんですが、その方の行動特性や生い立ちから
予測をしていくのってすごく難しいものです。

 

今回は、
自分の人生の意味や目的がよくわからない
なんのために生きてるんだろう?と悩む方のために、
充実感を持って生活するための必要な視点をお伝えしていこうと思います。

そして、最後に簡単な質問をします。
その質問にしっかり向き合って答えが出せたとき、
自分の生活の成り立ちが、また変わって見えてくるはずです。

 

価値を知れば、目標を立てやすくなる

 

 

私が上京したばかりの頃の話をします。

朝6時半に起きて
「あ〜今日はあの先輩出勤日だ・・」
とか憂鬱な気持ちで出社して
仕事をこなしてダラダラと残業して
帰りも30分立ったまま電車に揺られて
納豆ご飯とインスタントの味噌汁を
食べながらyoutube流し見して
twitterで愚痴を呟いて
instagramで地元の友人の近況をチェックして寝て
また朝起きて・・・

大体、そんな毎日の繰り返しでした。

 

帰りの電車内で吊革に掴まりながら、車窓に映る自分を見て

「あー、私、なんのために生きてんだろ」

ふとそんな思いがよぎることがよくありました。
毎日が同じことの繰り返しの中で、なんとも言えない虚無感を感じていたなあ。

仕事も恋愛も、何を目指していたのか有耶無耶になっていたあの時期は、
頭の中は常に不満がいっぱい。
世の中に文句言いながら心の中で中指立てたりしてました。

 

今では、「生きている意味がわからない」という言葉は、
「満足した人生を送れていない」という言葉と
ほぼ同義であるように思えます。

じゃあ、満足度の高い生活を送るには
どうすればいいのでしょうか??

 

 

心理学の研究では

人生に満足感を持つには自分の人生における価値を見出したり、
目標のために行動する過程が重要であるということが明らかにされています。

自分の人生を自分でコントロールしている感覚があるからです。

 

 

だからこそ、目標を立てるにも、行動計画を立てるにも、
その土台である「価値」を知らなければ、
目標自体が的外れになっちゃったり、
意味のないものになってしまうのです。

とは言っても、自分の「価値」を理解している人って結構少ないです。

「恋人や結婚相手は価値観が合う人を選ぶといい 」
とアドバイスをする人もよくいますが、
そもそもみんな自分の価値観を理解してるの?
ちゃんと言葉にできるの?って話です。

 

では、自分の価値を知るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

価値は必ず心の奥底に眠っている

 

 

目標を立てるにも価値を知るにも、それがただ一つしかないと思い込んでいる方がいます。
そんなことは決してないんです。

 

様々な分野において、あなたのその分野への意味づけや価値はひとつひとつ存在します。

 

仕事でいえば、部下を常にサポートできるようにすること、とか

趣味でいえば、創作活動を続けて自分を表現すること、とか

人間関係でいえば、家族に対して愛情を伝えられるようになること、とか・・・

そして、複数分野において根っこは共通の価値が存在してるパターンもあります。
「人に親切にいられること」とか「いつでも素直に感情を表現できること」とかね。

 

誰にだって「本当はこうしたい」って思いが、

心の奥底に沢山眠ってるんです。

 

しかし、価値がぶつかり合うこともあります。
どれも大切だけど、優先順位をつけられていないからです。

だから、今現在の自分が選択すべきものが、わからなくなって行ったり来たりしちゃったり、寄り道してしまったりしてしまうんですね。

 

 

自分の価値がなんなのか、深めてみよう

 

ちょっと自分と向き合う時間を作りましょう

以下の分野において

・自分が成し遂げたいこと
・大事にしたいこと

をそれぞれ挙げてみてください。
全く思いつかない場合は空白の項目があってもいいです。

○仕事
○人間関係・コミュニケーション
○趣味や余暇活動
○恋愛・結婚
○日常生活・暮らし
○生産的活動
○健康・ヘルスケア

 

挙がりましたか?
上で挙げた成し遂げたいこととは
あなたにとっての  目標 にあたります。

たとえば仕事でいうと

・昇進する
・月収1万アップ

などがそうです。そして、あなたの価値はその先にあります。

それを引き出すために、以下の質問の答えを考えてみてください。

 

❶どうしてその目標を立てたのか
❷その目標を達成することで、誰にどう思われたい?それとも何も気にしない?
❸その目標が達成されることで、あなたにとってどんな良いことが待ってるの?
❹じゃあそれは人生においての短期目標だとして。長期目標を決めてみて?
❺いつ、どこで、誰と、どんなことをして、どんな気持ちで、
どんなことをこの世に残して、死にたいと思いますか?

 

この質問にじっくり向き合ってみてください。
きっと、自分の価値が見えてくるはずです。

 

自分が今まで目指してたことが、
人生の目的ではなくて、単なる手段だったり
本当は、地位や名誉よりも、周りの人を
大事にするための余裕が欲しいだけだったり・・・

それぞれの項目の共通点が見つかったり、何か気づくことがあったのではないでしょうか。

 

 

自分の人生の物語を語ろう

 

 

作業療法では、高齢者や障害をもつ患者様に対して
「ナラティヴアプローチ」をよく使います。

これまでの人生を患者様に「自由に、主体的に、語ってもらう」
ことで、問題を明確にしたり、患者様自身に気づきを与える

ということを目的として行っています。

心理学・社会学の分野でも使われるこのアプローチは
その人の深層部分を引き出すために
とても良い手段だとわたしは考えます。

 

・いつ、どこで、誰と育ってきたのか

・どうしてその学校や仕事を選んだのか

・学生時代はどんな子供だったのか

・元恋人たちはどのような人で、何故別れてしまったのか

 

人生の物語を引き出すことで、語り手自身が
自分の人生を見つめ直す、という効果があります。
人生は選択することの連続です。
でも自分が選択してきたのその道は、何かしらの
価値や意味、自分なりの葛藤が合って辿ってきたものです。

人に語ることで、自分自身が大切にしていること、
価値にも気付ける時間なのではないかと思います。

 

 

まとめ

 

「自分がどういう人生を送りたいのかはっきりしない」

「なんのために生きてるのかよくわからない」

こんな疑問は、簡単に解消できることではないです。

でも自分の理想の人生って誰しもあります。
その輪郭をはっきりさせていくには
最初はぼんやりでもいいから、
自分の内面としっかり向き合っていくことが大切です。

たまにはゆっくり、仕事や人間関係のことを
忘れて、思考を巡らせる時間を作ってあげてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました