【アンチエイジング】エクオールでホルモンバランスを整えよう

雑記

 

 

今年27歳を迎え、お肌の曲がり角も経験したさわちゃんです。

なんとな〜く目尻のシワが気になってきたし昔はTゾーンにばかり
発生していたニキビが今はフェイスラインにポツポツ・・・・
頭痛や肩こりを感じることも増え加齢を実感しております。

・昔より体調が安定しなくなった

・肌の老化を感じている・・・

といった女性の方々はホルモンバランスの崩れが原因かもしれません。
今回は

「アンチエイジングがしたい!」

「綺麗なお肌を維持したい!」

という人にも向けて

 

エクオールという物質をとることでホルモンバランスを整える
ことができるかもって話をしていこうかと思います。

 

女性ホルモンってそもそもどんな種類があるの?

 

現在、人間の体内には100種類以上のホルモンが見つかっており、その中で女性ホルモンは2種類あります。

「エストロゲン」
プロゲステロン」です。

どちらも卵胞から分泌されるものですが、それぞれ作用は違います。説明していきますね。

エストロゲン
月経〜排卵の間に分泌される女性ホルモンです。
「女性らしい身体を作るホルモン」と言われています。

・肌や髪の毛のツヤ、
ハリを高める
・妊娠可能な身体をつくる
・骨密度を高めて丈夫な骨を
つくる
・自律神経を安定させる
・コレステロール値を整え、動
脈硬化を抑える
などの作用が  あります。
プロゲステロン
排卵から次の月経がはじまる間に分泌される女性ホルモンです。「妊娠に関わるホルモン」と言われています。

・乳腺を発達させる
・子宮内膜を柔らかくして、妊  娠準備を整える
・基礎体温を上昇させる
・血糖値を安定させる
・食欲の増進などの作用があります。

 

このように、二つのホルモンが増えたり減ったりしてバランスを保ちながら
身体の調子を整えてくれています。

 

ライフステージによってホルモンバランスに変化が

 

 

2つの女性ホルモンのうち、
エストロゲンは
思春期から20〜30代後半頃の性成熟期にかけて分泌され続けますが、40〜50代になると急激に減少し、閉経に向かいます。

この閉経前後10年間を「更年期」といいます。

 

「更年期障害」はよく耳にする言葉ですが

具体的には

・落ち込み、イライラ、集中力低下
・肩こり、腰痛、関節痛
・ほてり(ホットフラッシュ)、動
 悸、息切れ
・重だるさ、疲労感
・便秘、下痢、腹痛

などなど、様々な身体の不調が起こります。

女性ホルモンは、脳からの指令で分泌されるため、ストレスや疲労などで脳にダメージがあっても上記の症状が酷くなったりします。
そのため、性格や環境にも左右されてしまうんですね。
「女性の身体はデリケート」と言われているのもうなずけます。

女性ホルモンが減ってしまうことで様々な悪影響があるということがわかりましたが・・・

では、何か対策として出来ることはあるのでしょうか?

 

エストロゲン作用を補う「エクオール」という救世主

 

最近の研究で、エクオールという物質が注目されています。

このエクオールというのは大豆イソフラボンの一種である
腸内細菌(エクオール産生菌)に代謝されてできるものです。

エクオールには

・エストロゲンに似た作用

・抗酸化作用(体内のサビを抑制する)

があることが分かっています。

この作用により、老化やガン、動脈硬化を予防することにも繋がるのですが
実際、以下のように数々の研究でエクオールの効果が報告されています。

 

「エクオール摂取」と「ホルモン補充療法」で更年期症状への効果を
比較した結果、3ヶ月目ではほぼ同等の効果が得られた

 

エクオールを含有する大豆発酵食品を用いた研究では、10mg/日の摂取により、更年期症状、閉経後女性の骨代謝、メタボリックシンドローム、肌の老化に対する効果が認められた

 

閉経後の女性がエクオールを3ヶ月間摂取したところ、目尻のシワの面積が抑制された

 

このように、エクオールに関する研究報告は集まってきています。
効果は確かなものであるということが実証されてきているようですね。

 

エクオールを作り出せる人と作り出せない人がいる

エクオールを生み出す腸内細菌は、全ての人が持っているわけではありません。

最近の研究では、大豆イソフラボンを摂取してエクオールを作り出せる人は
3割程しかいないと言われています。

若者の食生活の変化が影響しているのではないかとも囁かれています。

そのため、エクオールを体内で作り出すためには

大豆発酵食品を毎日摂取すること

が何よりも重要と言われています。

しかし、欠かさず摂ることが難しい人もいますよね。
そんな時は、
エクオールのサプリメントを毎日10mg/日程度摂取するのが
お手軽でオススメします。

[大塚製薬]エクエル 120粒(30日分目安)パウチタイプ

また、腸内環境を整えるためにも
安定した睡眠、運動習慣、バランスの良い食習慣を心がけることは基本です。

エクオールを作るには土台を作ることが必要ですね。

自分がエクオールを作り出せる人なのか、作り出せない人なのかを
知るための「ソイチェック」なるものも販売されています。

エクオール検査「ソイチェック」


尿検査をすることでわかるので簡単に出来ますよ。

 

自分の生活習慣をどう切り替えていくか悩んでいる方は
試してみると良いかもしれません。

 

まとめ

 

 

アンチエイジングとしてエクオールの摂取をオススメしました。

食事・運動を含めた生活習慣の見直しやサプリメントの活用は、
現状の若さを保つだけではなくて、未来への投資にもつながります。

女性ホルモンは女性の人生に常に関わるものですし日々の生活に大きな影響を与えたりもします。

結婚・妊娠・出産・・そして、女性としての生き方や心の安定を図るために
敏感に自分の身体の変化を察知して、対処していことが大切ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました