自信がない人こそ化粧して美容室に行け!イメチェンの心理的効果とは?

生活お役立ち

 

 

どうも、イメチェン中毒のサワダです。
飽き性で好奇心旺盛な性格なので、医療従事者のくせに攻めの髪色にし続けています。

みなさんは、イメチェンをすることをポジティブ
にとらえていますか?

・自分に自信がないから、何をしても無駄
・見た目を着飾ったって意味がない

と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、

化粧をしたり髪型をかえることで
自己意識や心理まで変わる可能性があるよ!
だからみんなお洒落を楽しもう!
ということを、研究報告と経験談から
お話ししていこうと思います。
自信のない自分を変えたい、けどどうすればいいかわからないと悩んでいる人は
この記事を読んで、行動の第一歩を踏み出せるかもしれません。

ぜひ読んでみてください。

外見が自己心理に及ぼす効果

 

 

最近は、美容や化粧や装いに関する研究が多く
報告されるようになってきています。


化粧や整形技術が発達し、写真加工も手軽に出来るようになり

SNS上で「人に見られる」こと
「アピールする」こと

が当たり前の文化となりました。
youtuberやインスタグラマーなどの仕事が生まれたのもここ数年の間でしたね。

そうした背景からも
「ルックス至上主義」の意識を持つ人が
増加してきているのではないかと思います。

 

実際、女性が化粧をすることで

・心の健康度、自信が向上する

・対人交流においてのパーソナルスペースが狭くなる

・ポジティブな考え方になる

・リラックスや癒しの効果

といった研究が数多く報告されています。

 

医療の現場において化粧を用いた治療法が確立していることからも根拠のあるものです。

 

化粧の治療的効果は、主に化粧による情動あるいは自己活性化プログラム」(精神症状の進行を遅らせたり、平板化した感情を活性化させることを目的とする)「化粧による外見修正プログラム」(外見を魅力的にすることで、ポジティブな自己像を生み、自尊心が高まり、他者からポジティブな評価を受けることを目的とする)に分類される。主に、前者はうつ・統合失調症・認知症、後者は外傷や火傷を負った人などが対象となります。
                                                                                             一部引用:「認知症ライフパートナー検定試験 公式テキスト2級」p247-248

 

自信がない人の身なりに関する行動傾向は?

 

 

こんな研究報告もあります。

 

藤原らの論文では、被服への関心と自己概念、
自尊感情との関係について


・自我強度、向性が、それぞれ保守的な服装、
仲間に同調 した服装をすることに関連すること

・社会的場面で不安をおぼえる傾向の強い人は,
あまりおしゃれをしないこと

・他者からの評価を気にする程度の強い人は

保守的な服装をしがちであること

などが明らかにされているのです。

 

また、筆者の友人や周囲の人において

「おしゃれをしても意味がない」

「美容室は敷居が高い」

「自分の見た目に興味がない」

という理由で、生活の中でお洒落のための身体装飾は一切施さない、という人もいました。

以上のことから、


人は見た目をかえるだけで

セルフイメージをポジティブなものに捉え直すことが可能!

であるのにもかかわらず

自分に自信がない人ほど
あまり身なりに関心を向けない
もしくは向けられない
傾向にある

ということがわかりました。

なんだか勿体ないところですよね。

 

見た目を変えることは手取り早い

 

 

他の記事でも、思考や行動の変容を起こすには
偏った捉え方、バイアスを解消していく
ことが必要であることは書いてきましたが
正直即効性は乏しいと考えています。

その点、外見に手を加えることのメリットとして

結果はすぐに出やすく、変化がはっきりしている

かつ視覚的に確認しやすいので

ポジティブな行動をすぐに起こしやすくなります。

自分自身に対してネガティブイメージが強い人にとって
お洒落に関する行動は確かにハードルが高いかも
しれません。
でも最初は小さな変化だけで大丈夫ですよ!

・日々のスキンケアに一手間加えてみる
・デパートコスメをネット注文してみる
・ユニクロやGU、ZARA、H&Mなど
 ファストファッションブランドから
 手を出してみる
・友人と一緒に美容室に行く
・いつも着ている服の色を少しだけ
 明るいトーンのものに変えてみる

などなど・・・・
小さな段階付けをして、
生活の中にお洒落習慣を自然と取り入れていく
ことが、苦手意識を払拭するための第一歩です

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか。

その日のコーディネートやメイクが
うまくいったり、人に髪型を褒められた時に
嬉しくなった経験はあるかと思います。
お洒落に関する行動をすることが、
その人にとって
「いちばん楽しくて幸せなことだ」
と捉えられるとは限りませんが
自分の機嫌をちょっとだけ良い方向に
変える一つの材料だと思うんです。

 

小さな積み重ねで、自分の機嫌を
とっていくと、不思議と自分の
興味や行動が変わっていることもあります。

是非、お洒落なもの、見た目を気に掛けることに
意識を向けてみてください

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました